10円でも、プラスにしたい!!

競馬が主ですが他にも書いていきたいです。
メッセージ・メールもお待ちしてます。

<< M−1 2008 | main | 2008年JRA競馬〜締〜 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP
2008.12.21を振り返って
新潟王者は二歳王者!!

朝日杯フューチュリティステークス(GI)
1セイウンワンダー 岩田康誠
2フィフスペトル ルメール
3ブレイクランアウト 武 豊

34.3前半のラップは早い時計を刻み、前にいった組にとっては苦しい競馬になってしまった(ちなみに、10Rに同距離で行われた古馬の1600万レースの前半が35.5)。

その中、内をじっくりためてしまいはじけることができたセイウンワンダー。
故障明けで印を下げた方もいたかもしれませんが、何の問題もなかったですね。
レース上手な馬で、ジョッキーのいうように動いている感じがする。
何より休み明けで勝ったのだから素晴らしい。

三浦Jで見たかったファンも多いかったフィフスペトル。
ルメールJの稼ぎっぷりは凄いですね。円も高いし外人Jのやる気が違うのかな(笑)
コーナーで武Jの外に出させない巧い騎乗をされたのが痛かったが、外に出してからしっかり伸びているだけに惜しかった。

ブレイクランアウト。能力は出し切れた、外を一気に押しあがっていくレースは自分から動いている。このいう馬は評価できる。わずか最後は負けたが、今後の楽しみである。ただ、外馬。早熟じゃないといいのだが…


ホッコータキオン、前にいって・外枠で・よく踏ん張った。時計のかかるレースでもこれだけのポテンシャルを出した。これは能力がないとできないことだし、内枠ならもっと上位の着順でもおかしくなかったと思わせる内容!!

ミッキーパンプキンも同様前に行きたいのか控えたいのか中途半端なレースになってしまい…それでも最後苦しくなってからも決してずるずるいってない。

このペースで前で粘れたこの二頭はいい内容だったのではないでしょうか!


先週も書きましたが、まだまだ、二歳馬なので今後成長する馬もたくさんいますし、原石ばかり。成長力も一頭一頭違うわけですし・・・
今回はコースだけに枠・展開も左右された。上位組はやれば着順の変わりそうな現段階の感想。
どうこれから、一頭一頭成長していくか!!
| 競馬 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
スポンサーサイト
| - | 22:00 | - | - | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mygetok.jugem.jp/trackback/584
トラックバック
SPONSORED LINKS
PROFILE
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
新着コメント
新着トラックバック
人気blogランキング
人気ブログ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
メールはここからどうぞ!
MOBILE
qrcode